京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



【高学歴芸人ネイビーズアフロ】京都での学生生活からネタ作り秘話まで!

京都市では、市民の暮らしの中に人権文化の息づくまち・京都を実現するため、様々な取り組みを行っています。その一環として、来年1月26日に人権に関するイベント「ヒューマンステージ・イン・キョウト2019」が、京都市主催で開催されます!

「ネイビーズアフロの記事じゃないの?」と思ったみなさん。安心してください!これはネイビーズアフロの記事ですよ。

実は、ネイビーズアフロの所属する“株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー”では、普段からSDGs(世界が一丸となり取り組んでいる持続可能な開発目標)に関する取り組みに参加されているそう。今年度は世界人権宣言70周年でもあり、同宣言の理念にも通じるSDGsをメインテーマとしていることから、今回の「ヒューマンステージ・イン・キョウト2019」に人気芸人さんが多数出演され、人権トークやお笑いライブを実施されるというわけです。

さらに、今年度は若い世代の方にも人権について考えてもらえるイベントになるよう、初めて企画内容について京都の学生と会議を行い、そこに京都学生広報部の部員も参加しました!

そんなご縁もあり、このイベントに出演されるお笑い芸人「ネイビーズアフロ」のお2人に大学生目線でインタビューしてきました。

 

終始ボケとツッコミが連発。

芸人という名の通り、明るく場を盛り上げようとする姿が印象的でした!

 

ネイビーズアフロのプロフィール

ネイビーズアフロ 皆川さん(左)・はじりさん(右)

2011年結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属。

ボケ担当皆川さん[写真左]とツッコミのはじりさん[写真右]による漫才コンビ。
お2人とも京都市立堀川高校、神戸大学出身という高学歴。

なんと皆川さんは『吉本男前ランキング2018』でミキの亜生さんに続いて6位だそうです!

 

高校時代はM-1全盛期

―早速ですが、高1の時からお2人はお友達だったんですか?

皆川:そうですね。もうずっと。ねえ。

はじり:うん。クラス替えもなくて、仕方なく(笑)。
でも、同じクラスの別々の友達とコンビ組んでました。漫才の大会みたいなんが文化祭であったんですけども、別々で出て漫才をしてましたね。

―高校生のときからお笑いに興味があったんですね。

皆川:僕らが高校1年生のとき、ブラックマヨネーズさん、チュートリアルさん、サンドウィッチマンさんが順にⅯ-1で優勝して、Ⅿ-1の全盛期やったんです。それで、うちの高校の文化祭の有志企画でM-1グランプリをやるってなって。みんなの前で漫才して。

・・・案外漫才できるんやなって、一気に現実的になったというか。今とめちゃくちゃ繋がってますね、あの感覚。あ、笑ってる!自分らの漫才で笑ってるやん!みたいな。

―お笑いができるとモテるイメージがあるんですけど、お2人はどうでしたか?(笑)。

はじり:進学校でみんな勉強したいタイプのクラスやったんで、おもしろいからモテるとかはなかったですね。

皆川:僕は・・・モテましたね。
校門で後輩たちが出待ちしてたり・・・ほんまですよ(笑)。
身長183㎝で、サッカー部で、人前出るタイプで。お調子者みたいな感じですかね。

ネイビーズアフロ 皆川さん(左)はじりさん(右)

はじり:モテたのは、ほんま一瞬やな。けどすごい盛り上がった時期があって。後輩の女子が指さす方を見ると彼が歩いてたりして。確かにムードメーカー的なタイプでしたね。

皆川:ブームはすぐ終わりました。一瞬でしたね。

 

悪く言うと・・・京都は他を寄せ付けない

―京都出身のお2人から見た京都の魅力はなんですか?

皆川:地元の良さは出てから気づくんですよね。18歳まで京都に住んでたんですけど、外側から見たら、こんな歴史あるとんでもないまちに住んでたんやなと思います。

はじり:歴史があるところなんかな。いいところは。あとはやっぱ京都の人は京都が好き。他県から移ってきて、一回京都に住んだ人が好きになって、そのまま住んだりすることもありますね。

皆川:京都の人って他を寄せ付けへんというか。悪く言うと。

はじり:なんで悪く言うねん。良く言え!(笑)。

皆川:営業で、地元の方ばかりの前で漫才するんですよ。自己紹介で神戸大学出身と言うと、全然リアクションないんです。でもその後「京都の堀川高校なんです。」って言うとみんな“ワー!!!”って。身内ってなったら一気に受け入れられるというか。ほんまに京都が好きなんやなと思います。

 

受験はやるかやらへんか。

ネイビーズアフロ取材

―お2人の、受験勉強のコツは?

はじり:時間に区切りをつける。ご褒美まで頑張る。そこまでは集中してできましたね。
僕ゲーム好きで、1時間勉強して10分「太鼓の達人」やるというのをずっとしてましたね。集中できるのは1時間までって言うし、あんまり根詰めすぎてもできひんから、自分のリズムで効率よくっていうのは一番大事かな。

皆川:僕はテレビが好きなんで、とりあえず朝8時まで頑張って、そこから「朝だ!生です旅サラダ」を見てました。終わったらまた勉強。メリハリですかね。
あと目標は高3になってすぐ絞りすぎずに、手が届くかもってくらいの目標のほうがいいんちゃうかな、と思います。

―なるほど。モチベーションを持ち続けることも大事なんですね。

皆川:でも結局は根性。やるかやらへんか。

はじり:最後はね、最後は時間かけて勉強しましたね。

皆川:高3って部活も引退して、やることないじゃないですか。受験勉強っていう時間やから、その時はそれに集中しとかなもったいない。大学入ったらなんぼでも好きなことできますし。

 

 

ためになる話がたくさん聞けました!

次ページでは話題がガラッと変わり、
漫才のことや、「霜降り明星」の同期としてM-1への意気込みも語ってくれています。
さらに、この記事を見てくれている中高生へあのネタも交えたメッセージ動画も!

合わせて読んでみては?

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!