京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



「大学の外も大学の延長、京都は不思議」:森見登美彦さんインタビュー(前編)

中高生や大学生にとって「京都を舞台にした小説」といえば、やはり森見登美彦作品ではないでしょうか。森見さんの本を読むと、京都を訪れたくなりますよね! 斯く言う僕も、森見作品を読んで京都への憧れを抱いた学生の1人です。

そして今回はなんと、森見登美彦さん本人へインタビューさせていただきました!
前後編2本に分けての記事になります。前編は「学生としての森見登美彦さん」についてです。

 

森見登美彦さん

奈良県出身の小説家。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。卒業後は国立国会図書館へ就職。2003年に『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。その後も京都を舞台にした魅力的な作品を書き続ける。
『有頂天家族』や『四畳半神話大系』はアニメ化もされ話題に。2017年4月から『有頂天家族2』のアニメ放送も予定されている。

[TVアニメ「有頂天家族2」公式サイト]
http://uchoten2-anime.com/

[森見登美彦さんブログ]
「この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ」
http://d.hatena.ne.jp/Tomio/

 

登美彦少年、京都大学進学を志す。

――中高生時代はどんな生徒でしたか?

森見さん:友達と派手に遊ぶわけでもなく、休みの日は家で本を読んでいたり、一人で自転車に乗って出かけたり、そういうことが好きでしたね。あまり趣味とかもなく…。

――小説家になるのが子供の頃からの夢だったとお聞きしていますが、その頃から何か書いていたのですか?

森見さん:もう書いていましたね。小学生のころから始めていました。思いついたら、その度に大学ノートに書いていく感じで。それ以外はフラフラとしていました(笑)。自分なりに楽しく過ごしてはいましたが、そんな絵に描いたような青春は送っていなかったです。

――その後、京都大学に進学されていますが、なぜ京都に進学しようと思ったのですか?

森見さん:僕の父親が京大の工学部卒業ということで、その影響ですね。何となく、漠然と憧れみたいなものを抱いていました。最初は岡山大学の医学部に進学しようと思っていましたが、浪人時代に自分が強いて医学の道に行きたいわけではないと思い始めて…。それで、やっぱり父親の行った大学に行きたいなと。
ただ、僕は「奈良人」なので、京都に対しては複雑な思いがありましたね(笑)。最初は、京都に行くってことにも抵抗がありました。京都の街を全然知らなかったし、自分の住んでいた奈良が古都として後れを取っていて寂しいという気持ちもあったので。京都に行きたいというより、父親の行った大学に行きたいというのが京都に進学した理由ですね。

――京都で学生生活を送っていくことで、京都に対する気持ちに変化はありましたか?

森見さん:僕、基本的に住んでいると好きになっちゃうので。京都に住んで、京都を好きにはなりました。ただ僕の場合、京都を舞台に小説を書いて、それを読んだ人たちが喜んでくれて、それで自分も京都を好きになるといった感じで、他の人とは違うパターンでしたね。

 

京都での学生時代は、やはり四畳半生活?

「大学の外も大学の延長、京都は不思議」:森見登美彦さんインタビュー(前編)

――京都での学生生活、どのように過ごしましたか?

森見さん:いわゆる“京都らしいところ”にはあまり行きませんでした。銀閣寺とか、すごい近所にあったのに1回しか行っていないし。大学に籠っていたわけではないんですが…。
外出というと、古本屋さんによく行きましたね。自転車に乗って、転々とある古本屋をぐるっと2~3時間かけて回るんです。それと部活の射撃場。それ以外は四畳半でゴロゴロとって感じです。夏は暑くて家に居られなかったので、涼める場所を探してさまよっていました。

――個人的に思い出深い場所はありますか?

森見さん:賀茂大橋(今出川通の鴨川に架かる橋)が好きです。奈良でも東京でも見ないような風景っていうか。僕、学部生時代は京大の東側の山に住んでいたんですが、院生になる時、鴨川を渡って河原町今出川の辺りに引っ越したんです。それから毎朝、賀茂大橋を渡って大学へ通っていました。そこから見える比叡山や北の山々が、四季の移ろいに合わせてその景色を変えていって…すごく京都っぽい!と思いましたね。いかにも京都の大学生だなと。

――学生時代、印象的だった出来事はありますか?

森見さん:院生時代に朝起きて家を出ると、河原町通を馬が通って行ったんですよ。「何で馬が!?」と思ったら、葵祭(※)だったっていう(笑)。京都の街を歩いていたら急に祭りに出会うというのは好きです。

※ 葵祭 … 5月に行われる、賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭。平安貴族の姿をした風雅な王朝行列が、京都御所から上賀茂神社へ向かう。

――京都のお祭りに参加することはありましたか?

森見さん:狙って行くことはあまりなかったですね。祇園祭は研究室の友達と行ったりしていましたが、事前に調べて予定を立てるのが苦手で…。でも狙って行かないから偶然出くわした時に嬉しい、自分が日常の気分でいる時に急に祭りが割り込んでくるのが楽しい、というのはありました。

――大学生の時、熱中していたことはありますか?

森見さん:僕は、在学中に小説家としてデビューしようと勝手に決めていて。大学に入る前からもうそれで食べていこうと思っていたし、就職活動も考えないでいいやと思っていたような阿呆な学生だったんですよ。それで1回生の頃から2年くらいかけて、ある小説を書いていました。その出来自体はあまり良くなかったですが、集中してずっと書き続けていたので、やっぱり熱中していたんでしょうね。
それと、年に数回は1人旅に行っていました。青春18きっぷで、予定を立てず気分に任せて行く先を決めて。なんか「学生のうちに旅をしなければ」みたいな義務感に駆られていました。旅行は色んな所へ行くより、一度行った場所に何度も行く方が好きですね。

――それは、先ほどの「京都に住んで京都が好きになった」のと同じ感覚ですか?

森見さん:何度も同じ場所を訪れると、慣れていくうちにその場所で自分が好きなもの、自分にとって大事なものが見えてくるんです。それがある程度見えないと興味が持てないというか…。知らない土地に一度行っただけでは、何が自分にとって大事かというのがわからず、全部同じに見えてしまう。それが何か落ち着かない。でも何度も見ていると、その中で情報がふるいにかけられて、大事なものがピックアップされて、自分なりのイメージが作られていきます。事前に調べるのが苦手なのも、人が注目したポイントが自分にとって大事なのかよくわからず、やる気が出ないからだと思います。
京都に住んで京都を好きになったのは、住んでいるとだんだん心の中に入ってくる要素が増えていったからですかね。自然に自分にとって大事なものが選ばれていく、この時間が僕には大事でした。

 

大学の外も大学の延長、京都は不思議。

「大学の外も大学の延長、京都は不思議」:森見登美彦さんインタビュー(前編)

――ご自身の過去を振り返って、進路選びに大切なことは何だと思われますか?

森見さん:中高生の頃の僕は、なーんも考えてなかったです(笑)。本当に阿呆で、「受け身」だったんですよ。現役で医学部を受けたのも、医者になりたかったというよりは父親に勧められたからで、じゃあ農学部に行きたかったのかと言われると、それも微妙で(笑)。だから進路に悩む中高生の気持ちはよくわかります。でも、とりあえず行ってやってみるしかないというか…。
大学は入ってからでも方向転換できるし、「ここがいいかもしれない」と思った場所を選んで、だんだん自分に合った方向を見つけていくしかないんじゃないですかね。行ってから「やっぱり違うなというのもあって当然です。
僕も4回生の頃、小説を書く自信を無くしていて。かと言って、農学部で研究職に就いてやっていく自信も全くなくて。だから研究室に配属されたものの、1か月くらいで行かなくなって、結局1年間休学することにしました。その間にも公務員試験を受けてみたり、小説を応募したりしていましたが、結果は全部ダメでした。それで休学が明けた時、行くところがないので院試を受けたら大学院進学が決まり、入学までの暇な間に『太陽の塔』を書いて…って感じで、もう無茶苦茶でしたね。

――改めて、京都は進学先としてどんな印象でしょうか?

森見さん:自分は京都に来てよかったと思います。例えば東京だと、大学はたくさんありますけど、街に取り囲まれて縮こまっている感じがします。大学から一歩出たら街!下手したら大学の中も街!みたいに。
でも京都は不思議で、大学の外も大学の延長で、これどこまでが大学なんかな?って。そこは京都ならではの面白いところだと思います。街全体が大学みたいなのは居心地が良かったし、むしろ良すぎて抜け出せなくなりそうで…。危険ですね(笑)。

 

今回はここまで!

「学生としての森見登美彦さん」についてでした。
森見さんの学生時代の思い出や好きな場所のお話を聞いて、僕も京都をブラブラしたくなりました。
京都の街と大学との不思議な距離感は、僕自身、実際過ごしていても感じることがありますね!

次回は後編「小説家としての森見登美彦さん」についてです。
小説家のお仕事などについてのインタビューを中心に紹介します。お楽しみに!

 

(執筆:龍谷大学 経済学部 井上祐希)
(インタビュー:同志社大学 法学部 木村望)
(写真:京都産業大学 文化学部 石永路人)
(協力:京都女子大学 現代社会学部 濵本恵見)

合わせて読んでみては?

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!