京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



興味を追求しにはるばる京都へ!

 

東京→京都

僕は名古屋生まれの東京育ちで、高校卒業まで名古屋に4年、東京に14年住んでいました。小学生・中学生・高校生時代を東京で過ごし、大学進学とともに京都に来たというわけです。
地方から東京への進学はあっても、その逆は一般的に珍しく感じられるようで「なぜ東京を離れたのか」「なぜ関西に来たのか」大学生になってから本当によく聞かれます。

答えはいたってシンプルで、「環境を変えたかった」「関西に興味があった」というのが理由でした。

環境を変えたいと思ったきっかけは、東京に住み続けることに疑問を持ったことです。
小さい頃から散歩や旅行が好きで、日本中いろいろな所へ行きました。各地域にはその土地の色があって、まちの様子や使う言葉など多くの違いがあります。東京は確かに便利ですが、ずっと同じ場所で他の地域を知らないままというのがどこかつまらないように、もったいないように感じたのです…。

また、家族や親戚がみんな関西出身なことから、僕も一度は関西に住んでみたいと思っていました!特に「京都」に興味を持ったのは、身内に京都人がいなかったからかもしれません。関西の中でも“まだ知らない土地”に惹かれたのだと思います。

結局、願書を出したのも京都・大阪・兵庫の大学だけで、関東の大学は受験しませんでした。

 

まちの地形に驚いた

興味を追求しにはるばる京都へ!

東京から京都に来て変わったことといえば、何といってもまちの「地形」です。これには驚かされました。

よく今出川~四条のあたりを歩くのですが、全然坂がないです!東京はとても坂が多いので大きな違いを感じました。歩くのが楽でありがたいですね(笑)

また、格子状の道路も特徴的です。東京は入り組んだ道が四方八方に伸びているので、整然とした京都のまちは新鮮でした。各通りに名前がついていて、ある程度覚えてしまえばまちを歩く時とても役に立ちます。
例えば烏丸丸太町から河原町今出川に行きたい時、➀烏丸通を北に上り➁烏丸今出川で右折➂今出川通を東に進む、というルートがすぐにわかります(地図があればイメージしやすいです)。

こんな感じで、だんだん地図が必要なくなってきます(笑) この“格子状の道路”は1000年以上前からある仕組みですが(平安京!)、こんなに便利とは知りませんでした。

 

京都から世界へ

興味を追求しにはるばる京都へ!

京都というと、やはり「和」や「日本」を連想する人が多い気がします。もちろんその通りですが、実際京都にいると外国人に接する機会が多く「国際的な都市」という印象を受けます。観光都市として世界に知られる京都には、多くの外国人観光客が訪れるのです。

さらに、それだけではありません!京都の大学には、日本語や日本の文化を学ぶため、アジア各国やアメリカなどから多くの留学生がやって来ます。現在僕のいる同志社大学にも約1500人の留学生が在籍しており(2015年5月1日現在)、一緒に授業を受けたり、お昼ご飯を食べたり、休日には一緒に京都観光をしたりもします。

留学生との授業は一風変わっていて、合気道体験・茶道体験・座禅体験などさまざま。僕も初めてのことなので毎回新鮮な気持ちで臨んでいます。こういった様々な交流を通して、お互いの国の文化や価値観を知ることができてとても面白いです。
留学生たちと神社仏閣などの観光地に行くと、「あれは何?」「ここはどんなところなの?」と質問攻めに…。英語で説明するのは大変ですが、完璧でなくても何とかコミュニケーションを取ろうとすることはとても良い経験になっています!

 

半年で見つけた“驚き”と“発見”

興味を追求しにはるばる京都へ!

僕の学生生活はまだまだ始まったばかりで、たった半年しかたっていませんが、まち並みや地形、留学生との出会いなどたくさんの驚きや発見がありました。残りの3年半は、知らない場所に行き、知らない人と出会い、知らないことをやってみる。そんな積極的な人間になって、もっと自分の可能性を広げていきたいと思っています。

京都ひいては関西には、そんな場所がたくさんあります。これからのキャンパスライフも有意義に、自由に、そして楽しむことを第一に過ごしたいと思います!

 

(同志社大学 法学部 木村望)

合わせて読んでみては?

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!