京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



「一生に一度は着てみたいあの衣装」大学生もできる京都ならではのお仕事3選

京都には、お祭りや観光スポットを盛り上げる一員として働ける、少し変わったお仕事・アルバイトが身近にあります。観光客に注目される場面や場所で働くことができるってなんだか特別な気分になれますよね。

そんな京都ならではのお仕事を3つ紹介します。

1.これぞ京都ならでは!祭礼行事のアルバイト

街のあちこちで数多くのお祭りが行われる京都ですが、そんな京都ならではのお仕事を挙げるうえで欠かせないのが祭礼行事のアルバイト。

行事ごとに異なりますが、華やかな装束を身にまとい、行列の一員となって街を練り歩くというお仕事が多いようです。筆者が経験した祭礼行事のアルバイトでは、地域の方々が道の途中で冷たい飲み物やお菓子、手巻き寿司などを振舞ってくれることもあって、とても楽しかったです。

普段下宿生活をしていると、地域の方と交わる機会が少なくなりがちな大学生ですが、こういったアルバイトを通じて地域の方と交流することができるのも、祭礼行事の魅力の一つ。さらに祇園祭や時代祭などの大きなお祭りのアルバイトを経験できるのは、きっと京都の学生ならではのことでしょう。

祭礼行事のアルバイトは学生への求人が多いようです。大学のアルバイト掲示板などに、よく張り紙が貼ってありますよ。単発のアルバイトがほとんどなので、友達と一緒に気軽に応募することができます。

2.男性だけじゃなくて女性も!人力車のお仕事

「一度は着てみたいあの衣装」京都ならではのアルバイト3選

清水寺周辺や嵐山などの観光名所でよく見かける人力車。実際にお仕事をしている人に話を伺うと、
「国内外の観光客の方々に、京都の魅力をお伝えできることにやりがいを感じています。」
と話してくれました。

たしかに普通のお仕事と違って、最初から最後まで自分ひとりで接客するわけですから、きっとやりがいも大きいですよね。一見すごく大変そうで、屈強な肉体をもつお兄さんばかりのイメージですが、女性の方も活躍されているそうです。

笑顔でお客さんを案内する人力車のお兄さんお姉さんって、かっこいいですよね!観光客の方に「一緒に写真撮ってくれませんか?」とお願いされている人力車のお兄さんお姉さんを見ると、筆者もちょっと憧れます。

3.一生に一度は着てみたいあの衣装!巫女さんのアルバイト

「一度は着てみたいあの衣装」京都ならではのアルバイト3選

京都のお正月と言えばやっぱり初詣。初詣のときに、お守りを売っていたり、甘酒を振舞ってくれたりする巫女さんを見ると、なんだかほっこりしますよね。そんな巫女さんのアルバイトも募集しているというのをご存じでしたか?

だいたい大晦日からお正月にかけての短期アルバイトなので、大学の冬休みを利用してアルバイトができます。

友達同士で実際に応募した友人は「お正月から友達と一緒にいれるし、あの衣装を着るとコスプレ気分!お正月に朝から外で働くのは寒いけど、たくさんの人と新年のご挨拶を交わすことができるから、心は温まる(笑)」と楽しそうに話していました。

「京都の有名神社で働きたい」、「巫女さんのあの衣装を着てアルバイトをしてみたい」という人は多く、大変人気のアルバイトです。

まとめ

筆者も実際に祭礼行事のアルバイトを経験しましたが、地域の方が家族そろって家の前で行列を見送ってくださり、地域のつながりを実感しました。

「見る側」ではなくて「見られる側」になって京都のお祭りを盛り上げるという特別感を体験でき、一生の思い出になりました。そんな特別な体験をすることができるお仕事が身近にあるのは、きっと京都ならではですよね。

(立命館大学 産業社会学部 今井建吾)

合わせて読んでみては?

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!