京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



『響け!ユーフォニアム』の原作者、武田綾乃さんが語る!京都での青春

小説にユーフォニアムが選ばれた驚きの理由!

——なんで、小説の題材にあまりメジャーじゃないユーフォニアムを選んだんですか?

自分がやっていたっていうのが大きいですね。本を書くってなったときに、ユーフォニアムをやっている子達なら絶対手にとってくれると信じて書いたんです(笑)。 なので自分のユーフォニアム愛は結構強い方なのかなと思っています。

あとはトランペットとかって結構ドラマとか映画とかで扱われてるじゃないですか。ユーフォニアムはそうじゃないからみんな手に取ってくれるかなと(笑)。

——青春に関する小説をたくさん書いていらっしゃると思うんですが、どのような意図で青春のジャンルが多いんですか?

シンプルに青春小説が好きなんです。小説を書き始めたのが思春期だったっていうのもすごく大きくて。 あとは、学生時代に自分が考えていたことというのは、時間が経つにつれて絶対に忘れていくと思うので、思い出しやすい形で作品として昇華して残せたらいいなという理由もありますね。

進路に迷うとき、必要なのは、軸

——進路について中高生って悩むと思うんですが、武田さんの学生時代の経験も含めて夢をかなえる方法やアドバイスをいただきたいです。

大切なのは、軸をどこに置くかではないかと思っています。

例えば、何か目的があって、より良い 高校、大学に行きたいっていうなら分かるんですけど、目的がない状態で上を目指し続けるのって辛いんじゃないかなと思います。

——夢を叶えるにはどのような努力をすればいいですか?

大人になって気付いたことは 夢を叶えるためのルールなんてないってっことですかね 。 学生の頃って見えてる世界が小さくなりがちで、自分の知らない選択肢があることに気付かないことが多い気がします。

どうしても叶えたい夢があるのなら、一つのルートばかりに固執する必要はないのかな、と思います。

まず自分が何をしたいかという軸を固めて、プラスアルファで、どうやったらより夢に近づけるかということを考えればいいと思います。 一つのルートがダメだったからといって残りの人生が全てダメになるわけではないということを覚えておくと、冷静になれる気はしますね。

夢がない場合は、自分がいたいと思う環境を基準に考えるのが良いかなぁと思います。私の場合、文学部という環境は非常に居心地が良かったです。

居心地がよくない環境に自分から入っていくっていうのは、それが目標のためならいいですけど、プライドや世間体を理由に選んでしまうと、後々たくさんの我慢が必要になる生き方になってしまうのかなぁ。 なので、自分の好きな環境、好きなものっていうしっかりとした軸足があれば、失敗しても後悔は減る気がしますね。

——そういった軸足ってどのようにして見つけますか?

学生の時って、好きなこと以外は全部駄目だ、みたいな考え方になりがちだと思います。

だけど、 がんばったって思うことよりも苦じゃなくできることっていうのがその人の強み、特性 だったりするんですよ。 すごく努力してがんばったことの方が記憶に残りやすいから、自分はそれに向いているとか思いがちなんですけど。 これなら何時間でもやれるっていうことのほうが、意外とその人の本当の適正だったりしますね。

——どうしたらその適正が見つかりますか?

そうですね。まずは自己分析してみるのが一番いいのかなと思いますね。 自分自身を理解することが一番大事な気がしています。

進路って、下した選択によって人生を左右することもあるじゃないですか。その時に、正しい選択肢を求めて右往左往するよりは、決めた選択肢を自分の力で正しいものにしていこうと努力していくと、 後悔する率っていうのは一気に下がる気がします。

——最後になるんですが、進路に悩む中高生に向けてメッセージをください。

そうですね。結局進路がなぜ不安かっていうと未来の予定が立たないからだと思います。

中高生の進路って数カ月後の自分がどうなるかを左右するから、不安になると思うんですけど、 不安の感情を混同して考えないことが大切な気がします。

「自分は何者になりたいのかという葛藤」「来年の予定が立たないという不安」「このままでいいのかという焦り」といったように、自分に襲い掛かってくる感情が実はたくさんの種類があると思うんです。

けど、それを混ぜずに一個一個潰していけば、自分の行動する意味とか、分かってくるんじゃないかなって。誰かに言われるがままに従って漠然とした未来を追いかけるのって辛いと思うので、まずは自分が本当は何がしたいのかを考えるのが重要ですね。

——そうですよね。自分がしたいことをして生きたほうがかっこいいですよね。

でも私は「何もしたくない」っていう選択肢もありだと思っていて(笑)。

中学生や高校生の頃って、「自分が何をしたいかわからない」っていう焦りもあると思うんです。本当にしたいことがある人って実は 一握りじゃないですか。だから、自分がしたいことがみつかった時に備えて、万全の準備をして置くっていうのも一つの進路の考え方かなと思います。

私は 「現状は楽しめ」派です(笑)。今をめいっぱい楽しんだ方がいいと思ってますし、もし自分の思い通りの選択にならなかったとしてものちのち、やっぱり正解だったっていうところまで持ち上げれば、未来の自分が辻褄合わせしてくれると思うので。

悩むのはもちろん分かるんですけど、自分の周りで今何が起こっているのかっていうのを、しっかり認識しながら学生時代を楽しんでいただければ、それが一番かなって思います。

 最後に

武田さん、インタビューに協力していただき、本当にありがとうございました。自分 がとても緊張している中で、非常に物腰がやわらかく、丁寧に質問に答えていただきました。

また、自分も進路に悩む一学生として、武田さんのお話は共感できて、新しい考え方や、見方を得られた非常にいい経験だったと思います。

今回は本当にありがとうございました。

さて、冒頭でお知らせした京都学講座は大学コンソーシアム京都の加盟校の正規学生(ただし大学院・通信教育課程生等を除く)および放送大学京都学習センター全科履修生なら基本講座1回ごとの受講ができて、受講料無料です!(毎回の講座について定員25名)ぜひ参加してみてください!

京カレッジ「京都学講座」

http://www.consortium.or.jp/project/sg/original

(文:同志社大学 グローバル地域文化学部 西岡正人)

(写真:京都産業大学 文化学部 石永路人)

(取材協力:立命館大学  産業社会学部  山本菜摘)

 

1 2

合わせて読んでみては?

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!