京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



大学に入学して。

大学の授業は、高校までのそれとは違うと思います。授業スタイルも違いますが、同じ授業を受けていても、人によって得るものが全く違うように私は感じています。授業に主体的に臨み、関連図書を読んだりする人は単位以上のものを得ているような気がします。

単位を取ることだけが目的で、出席をとらない授業には行かない人、授業に消極的な人も時々見受けられます。しかし、卒業後に「大学で何を学んだか」と聞かれた時、語れるだけのものを自分のものにしておくことは大切だと私は思います。

「何のために大学へ行くのか」、「何を身に付けたいのか」人それぞれに異なりますが、私は、同じ空間で同じ時間を過ごすのなら、時間を有効に使って、学びの機会を最大限にいかしたいです。

大学では自分で決めることができる時間割。1,2回生の時は必修も多いけれど、学年が上がるにつれて自由度は増えるよ。せっかく大学に行くのだから「私は大学でこんなことをしてきました!」と胸を張って言えるくらい自分の興味関心を追究してみよう!

▽この記事もオススメ!
京都の大学いいとこどり!単位互換制度が面白い

合わせて読んでみては?

この記事を書いた学生

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!