京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア


「京都学生広報部」 とは?

【設立の背景 】
京都市は、38の大学・短期大学が集積し、人口の1割に相当する約14万7千人の学生が学ぶ「大学のまち・学生のまち」です。しかし、18歳人口が長期的に減少し、大学間競争の一層の激化が予想される中にあっては、「大学のまち・学生のまち」としての京都の魅力を、将来大学生となる中高生に向けて、これまで以上に積極的に発信していく必要があります。
そこで、京都市と大学コンソーシアム京都との協働による平成27年度の新たな取組として、京都で学ぶ大学生が、学生生活を送る中で実感する「リアルな京都の魅力」を学生目線で全国の中高生に発信する「京都学生広報部」を創設しました。
【ミッション】
全国の中高生に「京都の大学で学びたい!」「京都で学生生活を送りたい!」 と思ってもらうこと。
大学生の視点で企画・取材・撮影・記事作成した「中高生に伝えたい京都のリアルな情報」をウェブサイト や SNS 等で発信します。

「コトカレ」とは?

コトカレロゴ

学生広報部員がワークショップで考案した名称のアイデアに基づき、部員の投票により決定しました。
「古都のカレッジ」の略称で、京都らしさと学校らしさを表しながら、中高生にも覚えてもらいやすく、親しみやすい名称としました。ロゴは、学生広報部員がプロのデザイナーの監修を受けて作成しました。

京都学生広報部 運営体制

京都学生広報部 運営体制図

■企画・取材・編集チーム

ミッションは全国の中高生に京都の魅力を伝える記事を書くこと

【チームをまとめ企画アイデアを形にする】
企画アイデア出しから取材先の選定・交渉取材、広報チームへの橋渡しなど、記事作成の行程に関わる全般を担当します。
【京都の魅力を発掘し、文章と写真で伝える】
ライターは記事を書くだけではなく、現場取材をして写真撮影をしたり、記事対象のインタビューを行ったりします。

■広報チーム

ミッションは学生広報部の活動を色んな人に知ってもらうこと

【記事や広報部の活動内容を発信する】
企画・取材・編集チームから上がってきた記事をWebサイトで公開したり、Facebook、TwitterなどのSNSの更新、プレスリリースの配信を行ないます。
【PRするための企画や外部との渉外を行なう】
テレビ・新聞などのメディアで取り上げてもらえるようなPRイベントの企画や、外部からの取材対応などを行ないます。

■総務チーム

ミッションは学生広報部の運営を管理し、部員をサポートすること

【組織全体を俯瞰する】
情報収集能力やコミュニケーション能力を活かして、他チームとの連携をとりながら、組織全体の管理を行います。
【組織を整備する】
名簿管理や議事録など活動に必要な書類の整備や、コミュニティ規定の策定などを行ないます。
部員の要望を取りまとめ、内部研修・イベント企画運営も行ないます。

告知用バナー

皆さんのブログやサイトにバナーを掲載いただければ幸いです。ソースコードのままご利用ください。

幅190ピクセル×高さ80ピクセル

京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア「コトカレ」

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!