京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



2か月間、北アルプスの山小屋で住み込みバイトをしてみて得たものと失ったもの

こんにちは、京都で大学生をしている今井です。

突然ですが、住み込みバイトというものをご存じでしょうか。

その名の通り、住み込みで働くアルバイトのこと。したがって、そこで働く間は自宅ではない場所で寝泊まりしながら働くわけです。
ぼくが約2か月間、

コンビニ当然無し、wi-fiほぼ無し、電波ほぼ無し、7畳半の4人部屋、共用ボロテレビ1台、食料はヘリで運び、朝5時に起きて朝5時から仕事、

という環境の、とある北アルプスの山小屋(標高2500m)で住み込みアルバイトをしてみてわかったことをまとめてみようと思います。

 

結論から言うと

2か月間、北アルプスの山小屋で住み込みバイトをしてみて得たものと失ったもの

✔得たもの

  • そこそこのお給料
  • 素晴らしすぎる食生活と生活習慣
  • 家族のような仲間
  • 大学では決して学べないこと
  • 下界で働く現代人の闇は深いという気づき

✔失ったもの

  • 夏休みの課題による4単位
  • 勉強へのモチベーション
  • 髪のキューティクル
  • 夏の…青春。(意味深)

 

夏休みの予定がなさ過ぎて、山にこもることを決意

そもそもなぜ、山小屋で住み込みアルバイト?と思う方もいるかもしれませんが、理由は無い。

ガムシャラに受験勉強を頑張っていた受験期から一転、京都の大学に入学して初めての夏休みを目前にして、約2か月間自由に過ごせるという「人生の夏休みの中の夏休み」的な時間をどう使っていいのかわからずに、山にこもることを決めました。

✔そもそも山小屋って?

山小屋というのは、主に登山者が寝泊まりしたり食事をしたりする場所
まるでホテル・レストランのようなきちんとしたところもあれば、雑魚寝、暖房無し、風呂無し、食事も質素というザ・山小屋というところもあります。

当然標高が高いところにある山小屋は後者で、ぼくが働いていた山小屋もそんなところ。

✔山小屋での生活は下界とは何もかもが違う

ぼくが働いていたのは標高2500mの山小屋。当然下界での生活とは何もかもが違います。

  • コンビニはおろか、買い物できる場所などない金使わない)
  • とはいえ物価は高い(缶ジュース350円、カップ麺500円)
  • テレビは食堂にボロっちいのが一台
  • wi-fiはどっか飛んでるらしいが使い物にならん
  • 幸いお風呂はあった
  • 部屋は7畳半、布団しかない場所に従業員4人で雑魚寝
  • 食料などはヘリで運んでくる

ような場所。

毎日の生活は下のような感じ。

  • 04:58 起床&出勤
  • 05:00 登山者の朝食準備
  • 06:00 お風呂掃除
  • 08:00 従業員朝食
  • 09:00 宿泊者のお部屋掃除
  • 11:00 登山道整備、小屋整備etc
  • 12:30  喫茶番&昼食
  • 13:00 休憩(登りにいくor昼寝)
  • 17:00 夕食準備
  • 21:00 片づけ終了
  • 22:00 従業員お風呂
  • 23:00 ダラダラ(おしゃべり&星を見に行く)
  • 24:00 就寝

 

朝は5時から働き始めて、昼寝をかまし、0時くらいに寝る。最初はきついけど、慣れてくると、下界で毎日夜更かしして昼まで寝てた(大学行け)生活よりもむしろとても身体の調子がいい!!まあ朝はきついのだけど…。

 

本題①:山小屋アルバイトで「得たもの」

✔そこそこのお給料

ぼくが働いた山小屋は日給7300円。お休みの日を除いて約40日くらい働いていたので、単純計算で、

7,300円×40日=292,000円

ここから諸々の税金が引かれたりするわけであります。

良いのは何といってもお金が減らないこと。てか使う場所が無い。
買い物できる場所が無いし、食費も家賃も光熱費もいらない

とはいえぼくは、山小屋で売ってる登山用具をチマチマ買ったりしていたので(その他現地までの交通費などを抜いて)結局230,000円ほどの手取りだった気がします。

✔素晴らしすぎる食生活と生活習慣

山小屋でのご飯は従業員みんなで食べます。
大皿に盛られたお惣菜やご飯を皆でそれぞれ好きなだけとって食べる感じ。
食材は山の上までヘリで運んでもらっているので、お刺身なんかは当然食べられないけど、逆に言えばファストフードみたいなものもないし、健康的。下宿で毎日体に悪そうなもんばっかり食べてるぼくからしたら天国

✔家族のような仲間

約2か月しかいなかったが、毎日7畳半の部屋で4人で過ごし、食事もお風呂もご飯もずっと一緒にいると皆家族みたいに仲良くなれる!!本当に!!
(プライバシーが無いことや働き過ぎのストレスから若干ギクシャクする瞬間もあるけど、)それも改めて振り返ると楽しい思い出になるから不思議(笑)

✔大学では決して学べないこと

山小屋で一緒に働いていた従業員は当時10人くらいでしたが、大学生は筆者を含めて2人だけ。他は仕事を辞めたOLさんや、高卒フリーターなど様々。
各人のキャラも面白くて
刺青の入った強面だけどめちゃ優しいお兄さん」や「休学して働いてる大学生」、「ミカン農園→スキー場→海の家→山小屋とリゾートバイトばっかしてるお姉さん」などユニークな人だらけ。

世代も学歴も違う人と一緒に生活しながら働くと、いろんな話が聞けるし、めっちゃ勉強になります。誤解を恐れずに言うと”大学生というコミュニティがいかに狭い世界で特殊か“というのを気づかせてくれた気がします。

✔下界で働く現代人の闇は深いという気づき

山小屋で働くとスマホやパソコンからも解放され、人間本来の生活に近づいて、本当に些細なことが楽しくて、本当に小さなことが嬉しくなるのです
「綺麗な写真が撮れた!!」
とか
「晴れた!!」
とか
「登山者が下界から551の肉まん持ってきてくれた!!」
とか。

一緒に働く元OLのアラフォー姉さん達も「女子高生かっ!」ってくらい毎日しょーもない話でキャッキャ♡してました。

それに比べて下界に降りた後、満員電車で職場に向かう、疲れ切った表情のサラリーマンを見ると…。ひえええ。

 

本題②:山小屋アルバイトで「失ったもの」

2か月間、北アルプスの山小屋で住み込みバイトをしてみて得たものと失ったもの

✔4単位

山小屋とはいえネットには繋がるだろうと思っていたら、繋がるけどめちゃめちゃ弱くて使い物にならん!!結局大学の課題を2つ提出できず、2つの講義で落第。

一応PCは持っていったのに意味ありませんでした。

✔勉強へのモチベーション

不思議なことに筆者は、下界に戻って後期の大学の授業が始まってから一気に勉強へのモチベーションがダダ下がり。

山小屋という現実離れした環境で働くことの楽しさを知った反面、下界の生活と大学での勉強が“当時は”、なんとも味気なかったのです。(今は楽しいです)

その結果、大学1回生の後期、20<単位くらいが一気に闇に葬られました。

✔髪のキューティクル

山小屋にお風呂があっただけ恵まれていたのは確かですが、そこのシャンプーがひどい!まじで!
先輩に「このシャンプーを使い続けるとハゲる
と忠告してもらってはいたのだが、山にシャンプーなんか持ってきてないし、売ってもないから使うしかない。

実際どうなったか。

半分ハゲた

2週間くらいは大丈夫だったのだが、1か月くらい経ったあたりからまじでやばい。
それ以降、同部屋の先輩に頼み込んで貴重な自前シャンプーとリンスを貸りていた。感謝。

✔夏の…青春。(意味深)

夏休み中ずっと山にこもっていたわけだから当然「ディズニー♡」「海♡」「花火♡」みたいなザ・大学生的なイベントとは無縁なのです。
「でも山ガールがいるだろう」
という声が聞こえてきそうだが、

山ガールいねえ!!(ガビーン)

標高2500mには山ガールなどめったにお目にかかれない。(山ガールは高尾山とかにいるたぶん)
現実にはおじちゃん、おばちゃん、そして屈強な肉体のお兄さんばかり。それはそれで楽しいのだけれど(笑)
そんな状況なのでさすがに2か月もいると、同世代の異性が恋しくなる。

山小屋で長く働く先輩曰く、山小屋で一定期間働く若者が皆陥るこの症状を「真の高山病」と呼ぶらしい。(聞いた時は妙に納得したが、今思うとしょーもない。)

 

まとめ

山小屋アルバイトで「得たもの」と「失ったもの」を紹介してきましたが、まだまだ紹介しきれないことはいっぱいあって…
でも総じて言えることは

「とってもいい経験になった!!!」

またいつか働きたいなと思うほど楽しい経験だったので、興味がある人は山小屋バイト、おススメです。

 

(立命館大学 産業社会学部 今井建吾)

合わせて読んでみては?

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!