京都の大学生のリアルなライフスタイル紹介メディア



どことなく落ち着いたまち「京都」に惹かれました。

雰囲気をつくりだしているのは“伝統”と“歴史”だと思っています。

どことなく落ち着いたまち「京都」に惹かれました。

私が生まれ育ったのは大阪府なのですが、京都の高校に通っていたため、京都の文化に触れる機会が多くありました。祇園祭りや様々な寺社仏閣に行ったこともあり、落ち着いた雰囲気の中、1200年以上の歴史が織りなす伝統に強く惹かれていました。また、今まで通っていたという安心感もあり、大学も京都を選択しました。
大学に入学してからは、「能楽」を通して京都の文化を学ぶ授業や「和菓子」と伝統芸術の関わりを学ぶ授業など、「京都づくし」な学びを深めています。高校生の頃から京都に通っていましたが、実際に「学ぶ」ことによって歴史や伝統文化を多角的に見る力がついたと思います。こうして新たな視点を得たことで、私の「京都の魅力」への追求心がさらに掻き立たてられたように感じます。

女子大生生活を満喫中!

どことなく落ち着いたまち「京都」に惹かれました。

大学生になると、高校生までの時とは違い、自由時間がかなり増えます!
ゼミや課題、サークルにアルバイト。みんな時間の使い道はそれぞれですが、大学生になるとこうした時間の管理も大事だと感じています。私は3回生なので、ゼミや課題の時間ももちろんとっていますが、“友達”と過ごす時間を特に大切にしています。大学に入学してできた友達は全国の至るところから来ており、入学当初は大変驚きました。「大学」というものが、全国からたくさんの「ご縁」を京都に繋げてくれると思うと、学生のまち京都に来ることができてとても幸せだなと思います。
こうしてできた友達と過ごす時間はとても充実しています。一緒にご飯を食べに行くことが多いのですが、学割サービスをしてくれるお店もあってとても便利です!

私は食べることが好きで、パフェで有名な「からふね屋」というお店によく行きます。いつも色々な種類のスイーツやご飯があり大変魅力的です。大人数で食べる巨大パフェもあり(2015年9月21日現在)、みんなで行くと必ず盛り上がります!学生に魅力的なお店や場所があるのも、学生のまち「京都」ならではだと思っています。是非みなさんも行ってみてくださいね!

京都の大学に入って、本当に良かったです。

どことなく落ち着いたまち「京都」に惹かれました。

落ち着いた雰囲気で伝統も奥深い京都。そんなまち「京都」の大学に来て、自分を支えてくれる沢山の人達と出会いました。歴史を知って、それを後の世代に伝えていく大切さを知りました。自分の今まで知らなかった新しい世界に挑戦することができました。京都にあまりなじみがない人や知らない土地に不安がある人でも、京都に来てみたら絶対楽しくなりますよ!

京都には38の大学があり、そして約15万人もの学生が様々な日常を送っています。毎日が新しいことの発見で楽しいですよ!そんな歴史ある趣深く魅力あふれる場所、京都で皆さんも一緒に過ごしませんか?

 

(同志社女子大学 学芸学部 河村芹奈)

合わせて読んでみては?

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでも最新情報をゲットしよう!